昔では発生すると今以上に命の危険が高かったのが心筋梗塞です。昔は今ほど医療の技術は高くなかったので、少し症状が重くなるだけで命の危険がありました。
今では昔よりかは助かる可能性はもちろんあがっていますが、できるだけ対策をとって、予防したいものです。

家庭でできる簡単な対策は、出来るだけお酒やタバコを控えたり、野菜を中心に多く取る、また運動を適度にする、といったことです。
体や臓器 続きを読む

心筋梗塞は高血圧や糖尿病、肥満などいろいろな要因から起こる可能性がありますので、予防をするためには禁煙をする、ストレスをためないなどといった対策が必要になります。

一番いい対策は生活習慣を根本から改善していくことです。まず食生活を塩分を控えめにして、低たんぱく、低脂肪の物に変えていくだけでも違ってきます。特に塩分の高血圧の原因になりやすいので取り過ぎには注意が必要 続きを読む

食生活や生活様式の欧米化が進んでいる現代、心筋梗塞にかかる患者が増えてきています。この病気は突然発症し、死に直結することの多い怖い病気なので、普段から予防していくことが大切なことです。

病気にかかりやすい体質になってしまう原因として、まず喫煙や肥満が挙げられます。また、お酒の飲み過ぎやストレス過多の生活もよくありません。
病気にかかりにくい体質作りの対策として、適度な運動 続きを読む

カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930