オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー

昔では発生すると今以上に命の危険が高かったのが心筋梗塞です。昔は今ほど医療の技術は高くなかったので、少し症状が重くなるだけで命の危険がありました。
今では昔よりかは助かる可能性はもちろんあがっていますが、できるだけ対策をとって、予防したいものです。

家庭でできる簡単な対策は、出来るだけお酒やタバコを控えたり、野菜を中心に多く取る、また運動を適度にする、といったことです。
体や臓器に負担をかけないことが今後とも重要なのです。

心筋梗塞の対策は危険因子を見直して予防につなげることが重要
最近、心臓病の中でも、生活習慣に起因する虚血性心疾患が増加しています。
その一つの狭心症は、心筋への血液供給を行う冠動脈が狭くなっていて、運動や精神的圧迫により、一時的に血液不足になる症状です。もう一つの心筋梗塞は、完全に冠動脈が詰まりを生じて、生命に危険のある状態です。
この原因は、動脈硬化の進行が大きく関与しており、その進行を早める危険因子は、高血圧、糖尿、肥満、喫煙、過度の飲酒等が考えら、それに対しての対策を取ることが重要になります。

また、事前に予防することも大事なことで、バランスの良い食生活、有酸素運動、禁煙、適量飲酒等を日常の生活に取り入れることで、虚血性心疾患を少しでも抑えることが出来るのです。

心筋梗塞は高血圧や糖尿病、肥満などいろいろな要因から起こる可能性がありますので、予防をするためには禁煙をする、ストレスをためないなどといった対策が必要になります。

一番いい対策は生活習慣を根本から改善していくことです。まず食生活を塩分を控えめにして、低たんぱく、低脂肪の物に変えていくだけでも違ってきます。特に塩分の高血圧の原因になりやすいので取り過ぎには注意が必要です。

和食は塩分差益をつければ健康食としてとてもいいものです。

心筋梗塞の予防
心筋梗塞とは心臓に酸素を供給するための血管である冠状動脈が、何かしらの理由で血流を滞らせ、心臓に酸素を供給できなくなることで、心筋組織が壊死してしまうという病気です。
主な原因は、動脈硬化や血管内のプラークと呼ばれる脂肪の塊が冠状動脈につまり、心筋に血液を供給できない状態になることです。

予防するためには、この状態を放置しないことです。
動脈硬化の大きな原因となるたばこを吸っている人は禁煙を心がけること、脂っこい食べ物が好きで、血液中のコレステロール値が高い人などは、バランスの良い食事を摂ってください。

食生活や生活様式の欧米化が進んでいる現代、心筋梗塞にかかる患者が増えてきています。この病気は突然発症し、死に直結することの多い怖い病気なので、普段から予防していくことが大切なことです。

病気にかかりやすい体質になってしまう原因として、まず喫煙や肥満が挙げられます。また、お酒の飲み過ぎやストレス過多の生活もよくありません。
病気にかかりにくい体質作りの対策として、適度な運動やバランスの良い食生活、禁煙が効果的だと考えられています。

心筋梗塞による予防と対策
心筋梗塞の予防として、食生活の見直し(バランスの良い食事、自分に見合った適切な摂取エネルギー量を保つこと、調味料(塩分、糖分、油の取りすぎ)にも気をつけないといけません。)

あとは運動、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。禁煙もすること。飲酒は週に2~3回程度にして、ビール350ml、または日本酒1合かワイングラス1杯が1日の飲酒量の目安です。

朝起きた時には体内の水分量が減って、血液も濃くなってるので、コップ1杯の水を飲んでから活動開始するようにしましょう。

カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031